D3テクスチャー®とは

概要と特徴

フルデジタルによる一貫したプロセスが特徴のD3テクスチャー®
このプロセスを用いることにより今まで実現できなかった様々な効果が期待できます。

about1.pngクリックで拡大

  1. 早期段階でテクスチャデザインの確認が可能(即3Dプリントアウト可能)
  2. オリジナルのテクスチャデザイン開発が迅速かつ容易に行える
  3. 離型性を考慮した抜き勾配を付加した金型加工用のデータも作成可能

また3Dデータから印刷や従来のエッチング加工用の画像データを作成することも可能。
思い描いた意匠を、そのままダイレクトに表現することができる!
それがD3テクスチャー(R)の最大の魅力です。
既に家電メーカー、自動車メーカーをはじめ、建材、容器、雑貨など幅広い様々な分野でご活用いただき高い評価をいただいております。

幾何1.jpg
D3テクスチャー®サンプル一覧はこちらLinkIcon

JIGEN2.jpg

D3テクスチャー®プロセス

現在、D3テクスチャー®は触感デバイス3DモデラーFreeFormをコアツールとして採用。
3DCADで設計したデータをFreeFormにインポートし、表面の凹凸加飾を行い3Dデータを作成します。
また3Dスキャナーを用いて、サンプルとなる対象物の表面のデータを利用する方法などいくつかのプロセスがあります。

howto1.jpg クリックで拡大
D3テクスチャー®で作成したデータは、そのままリアルタイムレンダラーでの早期デザインレビューでの活用が可能。
また、高精度3Dプリンタ(推奨:Projet)や、小型モデリングマシン(推奨:岩間工業所製)などで、テクスチャー確認用のモックアップを手軽に作成することが可能です。量産型の製作では、大容量STLデータに対応したSTLCAMを介して、マシニングセンタ(推奨:牧野フライス社製)で直彫りまたは電極などを加工します。
さらに、エッチングや印刷用のフィルム用のデータとして活用することも可能です。

TRY! D3テクスチャー®

まずはお気軽にお問い合わせください。
当社は、D3テクスチャー®の普及と品質の向上を目的として、金型業者、各種3Dツールのベンダー、デザイナー、クリエイターらとD3テクスチャー®アライアンスの運営を行なっています。
今までにないテクスチャーデザインの開発を、当社ならびにアライアンスメンバーと一緒に試してみみませんか?

お問い合わせはこちらへLinkIcon

【インフォメーション】

D3テクスチャー®のヒストリーLinkIcon

D3テクスチャー®アライアンス
D3アライアンスの図Web用.jpgクリックで拡大
D3テクスチャー®ロゴ
d3_logo_all_mini.jpg
白:スタンダードパートナーが使用
黒:トータルパートナーおよび弊社が使用

※D3テクスチャー®およびデジタルシボ®は株式会社ケイズデザインラボの登録商標です

D3テクスチャー®
 【登録番号】 第5339304号
デジタルシボ®
 【登録番号】 第5333750号

※その他企業名、製品名は各社の商標または登録商標です